SHIINBLOG

ああ、南の島でのんびり暮らそう

〜キャリアを捨て、妻とオーストラリアで理想の暮らしを追求する〜

使う言葉を変えれば、性格なんてあっという間に変わる。

ふと、人は言葉に操られる生き物なんじゃないかと思う時がある。


ぼくは群馬県で生まれ、高校を卒業するまでは県内で過ごしました。
田舎町で内向的に育っていたせいか、いつしか自分を変えたいと強く思うようになり
その後、大学入学を機に大阪へ引っ越すことになります。
その際に習得したのが

 


関西弁



群馬県は方言が強くないので、ぼくは標準語で生活していました。
だからこそ漫画の中のあの関西弁のキャラクターや、テレビの向こう側のあのお笑いタレントの話す関西弁に
猛烈に魅力を感じていました。

他にも理由はあるけど、"言葉"は大阪へ住み移ったひとつの大きな目的でした。



では関西弁を話せるようになると、どのような変化が起きるのか。
大きく分けて二つあります。



一つ目は、会話がラフになります。



そもそも日本語って、相手を慮る要素が多くある。
尊敬語、丁寧語、謙譲語、侘び寂び、空気を読む…
状況に応じて使い分けようとすると、喉まで出かかって「あれ?これ合ってるっけ?」となる。
何も、関西弁にはそうした要素がないわけではありませんが、感覚的にずっと楽でした。ボケ・ツッコミとかはあんまり年齢関係ないですしね。


二つ目に、感情を伝えやすくなる。



関西弁はイントネーションが特徴的です。日本人はシャイで、感情表現が苦手なんて揶揄されることも多いですが、それは日本=東京になっているから。少なくともぼくにとって、関西の人は感情表現のお手本とも言える存在です。

「これすごくない?」

より

「これめっちゃヤバない!?」

の方が圧倒的に響きます。


大げさではなく、ぼくは関西弁を使えるようになって(もちろんそれだけが理由ではないけど)社交的になり、コミュニケーション能力が飛躍しました。

 

「言葉に感情をのせるだけで、こんなに気持ちよく話せるんだ」

と感動したのを覚えてます。





使う言葉で、人は変わる。


f:id:shunya7011:20171013072221j:image

 


---------------------------------------


あれから数年、今はオーストラリアで生活しています。
一年半も住むと、さすがに英語も使えるようになります。

英語はまさにイントネーションの言語。
抑揚なくフラットに表現したら、そもそも聞きとってすらもらえない。
逆に言えば、嫌でも言葉に感情がのる。
敬語もないから、スッと言葉が出る。



先日、電車で年配の方に席を譲ろうとしたら、何も考えずに言葉が出ていた。

その時に、標準語だとちょっと恥ずかしかったり、適切な言葉を探してモジモジしていた自分を思い出しました。




何も言語だけが理由だとは思いません。オーストラリアの環境、周りに日本人が少ないことなど、色んな要因があるでしょう。


ただ一つ言えるのは、使う言葉が変われば、身の振る舞いも変わってくる。それはちょうど、もう一人の自分が引き出しの中に現れるようなもの。つまり、性格が変わったといっても過言ではないのです。



f:id:shunya7011:20171013072318j:image


自分を変えたければ、使える言葉の引き出しを増やせばいい。もっと言えば、海外で生活してみればいい。
性格なんて簡単に変わる。


標準語から関西弁へ、そして英語を習得することで、ぼくが変わったように。




自分はこのままでいいのかな?という考えが少しでもあるのならば

それこそが原動力。

この記事が、何かを変えたい誰かの参考になりますように。

トレーニングってどれくらいの回数やればいいの?その問いに答えます

良く質問されるのですが、ジムや自宅でトレーニングする際に

 

何回を何セットやればいいのか

 

一番ポピュラーなのは10回を3セットだと思います。

が、決してそれが正解とは限らない。

そこで今回は目的別のレップ数、セット数、重量の目安、テンポ、さらには休憩はどれくらい取るべきなのかを紹介したいと思います。

 

f:id:shunya7011:20171007102654j:image 

 

 

今回はトレーニングの目的を以下の3つに絞ります。

・筋持久力(ビギナーや、有酸素スポーツ選手向け)

・筋肥大(中級者や、筋肉を大きくしたい人向け)

・ストレングス(上級者や、筋肉を強くしたい人、瞬発系のスポーツ選手向け)

 

 

 

☆筋持久力(ビギナー)

 

重量・・・※1RMの65%以下

レップ数・・・15〜20回以上(1セット内の回数)

※テンポ・・・4ー1ー2(eccentric-isometric-concentric)

セット数・・・1〜3セット

休憩・・・20秒以上(セット間にどれくらい休むか)

 

※1RM=最大挙上重量のこと。要は、一回に挙上が可能な最大の重量。

別記事を後ほど更新しますが、ビギナーの方は1RMは考えなくてOK。

その場合は軽い重量から初めて、徐々に増やしていけば大丈夫です。

 

※テンポ=何秒間で上げ下げするか。

トレーニングはコンセントリック収縮とエキセントリック収縮に分けられるのですが

要は、筋肉が縮んだり伸びたりすることです。

例)スクワットを4−1−2でやる場合

→4秒かけて下がって(エキセントリック収縮)、1秒下で止まって、2秒かけて上がる(コンセントリック収縮)

こちらもビギナーの方は意識しなくて大丈夫です。

 

 

 

 

☆筋肥大(中級者)

 

重量・・・1RMの65〜85%

レップ数・・・6〜12回

テンポ・・・2ー1ー2 または 3ー1ー2

セット数・・・3〜5セット

休憩・・・60〜90秒

 

 

 

 

☆ストレングス(上級者)

 

重量・・・1RMの85〜100%

レップ数・・・6回以下

テンポ・・・1ー0ーX(Xはできるだけ早くコンセントリック収縮させる)

セット数・・・4〜10

休憩・・・3〜5分

 

※ポイントは毎セットごとにオールアウト(もう上がらないって状態)まで追い込むこと。そのため、基本的に補助が必要です。

 

 

 

 

 

 

今回は分かりやすく初級、中級、上級と記載しましたが、あくまで指標なので目的に応じたトレーニング方法を取り入れましょう。

また、この数字はオーストラリアで活躍しているボディビルダー(学校の先生)に教わった者ですが、調べるサイトによって多少の誤差は出ます。大体この数字を目安にトレーニングを組んでいただければ問題ないですし、慣れてきたら自分にフィットする回数にシフトしてもOKです。

ただし、多くのトレーナー、またはトレーニーがしてしまいがちな間違いとしては

いきなり独自のやり方を取り入れてしまうことです。

 

まずは、サイエンスに基づいたトレーニングをすること。その後、徐々に自分に合うやり方にシフトしていけばいいでしょう。

 

それでは、よい筋トレ日和を(о´∀`о)

クリーンバルクのその後〜一ヶ月半の経過と、問題発生〜

細々と続けていたクリーンバルク。

 

 

 

▽クリーバルクとは

coupleblog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

今週はジムに行く頻度が減り、食事制限もゆるくなってしまいました、とほほ。。

とはいえ有難いことにパワーはついてきていて、ウェイトトレーニングの重量はアップしてきました。

 

そんな中、先日(9/29)の体組成計の結果。

 

f:id:shunya7011:20171005044236p:image

体重・・・61.7kg

体脂肪・・・9.36%

 

 

ちなみに、心臓年齢は24歳でした。

 

f:id:shunya7011:20171005044247p:image

 

 

 

2週間前にも同じマシーンで測ったのですが、その時より体重は−0.4kg、体脂肪は−2%なので

 

ほぼ体重は変わらず、体脂肪は落ちました。

 

これは成功ですね。

筋肉量はキープしたまま、脂肪を燃焼できてます。

そこで安心してしまったのか、この一週間はちょっとだらけてしまった。

 

必殺のデビルズシェイクもさすがに毎日はしんどいので、さらに必殺技を増やす必要があるなと感じています。

 

 

 

 

ただし、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで問題発生。

 

 

 

 

 

 

身体が重たい...!?

気のせいだろうか、、いや、気のせいではない。。

朝起きた時に疲れがとれきれていない感覚。少し頭が重だるく、やる気が起きない。

 

妻のひとみに相談したところ

 

アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)

ではないか、とのこと。

 

▽副腎疲労とは

副腎とは、左右の腎臓の上部にあるホルモン分泌器官。ストレスに対処するホルモン「コルチゾール」をはじめ、生命の維持に欠かせない様々なホルモンを分泌する器官だ。「ここでいうストレスには、精神的なストレスだけでなく、大気汚染や食品の添加物、気温の変化、食生活の変化、持病や感染症など、体内で炎症を起こす恐れのあるもの全てが含まれます。ストレスが多く、コルチゾールが過剰に分泌される状態が続くと、副腎が疲れて必要なときに十分な量を分泌できなくなり、ストレスと闘えなくなる。この状態を『副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)』と呼びます。正式な病名ではなく、欧米や日本のような先進国でもまだ多くの医師が認識していない病気ですが、副腎疲労になると、炎症を抑えられず疲労感や様々な不調が出やすくなります」-http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100031/072800500/?ST=m_bodycare

 

 

この文章から読み取れることとしては、何らかの原因(おそらく食生活の変化)によってコルチゾールが過剰に分泌されてしまい、ストレスに対処できなくなってきているのかもしれません。

 

同サイトによると、避けるべき食品リストとして

 

グルテン

(ラーメンばっかり食べてる。。)

カゼイン

(チーズ、ヨーグルト、牛乳は毎日欠かさない。。)

カフェイン

(コーヒー大好き、毎朝飲む。。)

 

 

ということで、まさにぼくの食事リストと一致するわけですね。

 

 

メインの3要素となっているこれら全てを制限するのは精神的なストレスになるので、とりあえずグルテンから減らしつつ様子をみようと思います。

 

 

 

 

 

ということで身体に何らかの違和感を感じた場合は、食事が原因の可能性が非常に高いので、「別にまだ病気とはいえないし、大丈夫だろう」というレベルの頃から対処を始めることをオススメします。

 

 

以上、クリーンバルクのその後でした。

挑戦は続く。

オーストラリアで教わった、幸せに生きるためのたった一つの法則

この記事を読んでいる皆さんは今、幸せですか?
もっと言うと、皆さんにとっての幸せの定義って何ですか?

何だか漠然とした質問で恐縮ですが、ぼくは時々、自分に対して問いかけるようにしています。

「今やっていることは、本当にやりたいこと?」

「他人の目を気にしていない?」

「大切な人を、大切にしている?」


人生の多くの時間を「誰かのためになるか」を中心に生きてきたので、どうしても人の目を気にしてしまう癖がついている。
だからこそ、こうした質問を繰り返して "自分の内側から湧き出るもの" と向き合う時間が必要になる。
外側からやってきたものに支配されないために。


f:id:shunya7011:20170930153904j:image


数年前に

「幸せとは、誰を幸せにするかを決めること」

という言葉に出会いました。
本当にその通りだと思っていて、ぼくは自分一人では幸せになれないと考えています。幸せになりたい自分がいて、その側にはいつも幸せにしたい人がいる。そのどちらかが欠けたら足りなくなり、逆にそれさえ満たせれば他はどうなっても構わないと、本気で思っている。

自分が幸せで、ひとみが幸せならそれでいい。

欲を言うと、それを見た周りの人も幸せになったらいい。
やりたいことをやっているだけで、気が付いたら周りの人の役に立っていたらそれって最高ですよね。
そうゆうスタンスを忘れたくないです。


f:id:shunya7011:20170930153929j:image





オーストラリアにはこんなことわざがあります。

 

 

「Happy wife, Happy life」



「妻が幸せなら、ぼくの人生も幸せ」


という意味なのですが、ものすごくいい言葉ですよね。
この言葉の中に、オーストラリアの人々の幸せの秘訣が詰まっている気がします。

 


もっと踏み込むと


「ぼくが幸せなら、妻も幸せ」


って言い切れるカップルは、きっとすごくいい関係なんだろうなぁ。
勘違いはダメだけどね。


幸せに生きるためのたった一つの法則、それは

 


"自分と、自分の大切な人を大切にすること"

 


これだけは忘れずに生きていきたい。

1000kcal超え!!ー悪魔のドリンク「デビルズシェイク」のレシピ公開

 

悪魔のドリンク

 

 

その名前とは裏腹に、使う食材はヘルシーなものばかり。

しかし、その総カロリーは1000kcal以上。

悪魔なのか、天使なのか、、

 

 

しかも包丁すら不要、具材をミキサーにかけるだけで完成する

「簡単、美味しい、ヘルシー」の三拍子。

 

 

その名も

 

 

デビルズシェイク

 

 

知らないのも無理はありません。

既存のメニューを参考に、ぼくが勝手に改良・ネーミングをした特製ドリンクです。

今日はそのレシピを公開します。

 

 

 

 

 f:id:shunya7011:20170925155327j:image

 

 

 

◇はじめに

 

「身体を大きくしたいけど、 脂肪はつけたくない。」

 

こんな悩みを抱えている人はいませんか?

 

いますよね、ぼくもその一人です。

 

 

昔から痩せているのがコンプレックスで

この一ヶ月ほどクリーンバルクチャレンジと称して、色々な食べ物を試しました。

しかし、一日に5〜6回も食べるのはしんどいです。

そして、バリエーションを固定すると飽きてきてしまいます。

 

どうにかならないものか、と考えた結果

 

「食べるのがしんどいなら、飲み物でカバーすればいいじゃないか」

 

という結論に至りました。

しかし、ウェイトゲイナー系のプロテインはあまり飲みたくない。

何故ならあれは、単純にプロテインパウダーの量を増やしているだけだから。

食品添加物も多いし。

もっと低コストで、健康的に、それでいて美味しい飲み物はないか。

 

そんなわがままを叶えてくれるのが、このドリンクです。

 

具体的にどのような悩みを解決できるかというと...

 

◆筋肉を大きくしたい

たんぱく質をもっと摂取したい

◆ヘルシーな原材料がいい

◆簡単に作れるものがいい

◆美味しいものじゃないと嫌だ...etc

 

これら全て、このデビルズシェイクが解決してくれます。

 

それでは実際に作ってみましょう。

 

 

 

 

◇レシピ

 

必要な道具はミキサー(ジューサー?シェイカー?)のみ。

用意する食材は

 

・牛乳 300ml

プロテインパウダー 30g

・バナナ 1本

・オーツ 100g

・ピーナッツバター 20g

・アーモンド 30g

 

この6つだけです。

極力、変なものが入っていない(原材料が少ない)食材がいいです。
ぼくの場合はプロテインパウダー以外は原材料100%です。

早速、ミキサーの中に具材を投入していきます。

 

 

▽ぼくが用意した食材はこちら

 

f:id:shunya7011:20170925153742j:image

プロテイン含有量の多い牛乳

 

f:id:shunya7011:20170925153754j:image

ナチュラプロテイン

 

f:id:shunya7011:20170925153803j:image

△バナナ

 

f:id:shunya7011:20170925153824j:image

△オーガニックオーツ

 

f:id:shunya7011:20170925153814j:image

 △100%ピーナッツ

 

 f:id:shunya7011:20170925153832j:image

△Linseed, Sunflower & Almond 

 

 

最後のLSAというのは、リンシード、サンフラワー、アーモンドを砕いて粉末状にしたもので、オーストラリアではヘルスフードショップで簡単に手に入ります。

日本では残念ながら見たことがありませんが

アーモンドで代用すればOKです。

 

 

 

ミキサーにかけて...

 

 f:id:shunya7011:20170925154236j:image

 

 

 

 

 

完成っっ!!

 

 

 f:id:shunya7011:20170925154241j:image

 

 

早速、飲んでみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う、美味い!!

 

 

f:id:shunya7011:20170925154343j:image

 

 

砂糖不使用なのに、甘さもあってめちゃくちゃ飲みやすい。

ちなみに、今回使用したニュージーランド産のプロテインパウダーはかなりナチュラルで、味もかなり美味いです。

今まで何種類ものプロテインを試しましたが、今のところ断トツでナチュラル。

原材料がとにかく少ない、かなりオススメです。

 

 

これで総カロリー

1000kcal以上

 

プロテイン

60g以上

※一般的に、一日に必要なプロテインの量は体重1kgあたり1g程度と言われています。

60kgの人ならこれ一杯で最低限に必要なプロテインが摂取できます。

 

 

 

 

 

完璧だ(*´Д`*)

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、今回はバルクアップの為の飲み物として紹介しましたが

ダイエット中の人にも有効だと判明しました。

 

まず低脂肪ということ。

そしてかなり腹持ちが良く、朝に半分、昼に半分を飲めば夜までもつと思います。

ぼくも朝食として作るのですが、いつも一回では飲みきれず

二回に分けて飲んでおります。

 

 

 

 

というわけで、この冬カラダを大きくしたい日本の皆さん

もしくはダイエット中の方も

 

是非ともデビルズシェイク、試してみて下さいね。

 

為末大の『諦める力』を全力でみんなに読んで欲しい理由

いい本に出会いました。

スポーツ選手、特に日本のスポーツ業界では何となくタブーとされている言葉

 

諦める

 

この言葉にここまで前向きな意味を与えた本は、おそらくこの『諦める力』が初めてではないでしょうか?

本の感想としては、何とも曖昧ですが

 

「人生っていいなぁ」

 

って感じました。

早速、ハイライトした部分を見返してみましょう。

 

 

 

 f:id:shunya7011:20170923070350j:image

 https://mobile.twitter.com/daijapan

 

 

 

為末さんは本書について、後にこのように語っています。

僕がこの本で言いたかったのは、最終的に勝つための「手段」として、努力の方向性を変えるということだった。努力して怒られる人はいないし、夢を追いかけて批判される人はいないが、努力は報われるとは限らないし、夢はかなうとは限らない。だから、勝てる可能性が限りなく低いところで頑張り続けるよりも、少しでも可能性が高いところで勝負することを考えたらどうだろう

ーそんなメッセージを投げかけた本だった。

 

 

ぼくは読書が好きなので、流行りの本などは目を通すのですが、多くの本は

 

「好きなことを仕事にしよう」

 

「もし夢が叶わなくても、追いかけるその過程に意味がある」

 

「諦めたらそこで試合終了ですよ」

 

 

 

といったポジティブな言葉を読者に投げかけ、モチベーションを上げて、さぁ皆んなで夢を追いかけよう!!

 

っていう流れが多いですよね。

 

そうゆう理想主義の本は読んでいて気持ちがいいですし、「よし、やるぞ!!」という気分にさせてくれるのですが

多くの場合は、将来の計画とか立てて満足して終わっちゃうんですよねぇ。。

皆さんもそんな経験ありませんか?

 

 

一方、為末さんは非常に現実的な部分を考えさせてくれます。

例えば以下の文。

 人生は可能性を減らしていく過程でもある。年齢を重ねるごとに、なれるものやできることが絞り込まれていく。可能性がなくなっていくと聞くと抵抗感を示す人もいるけれど、何かに秀でるには能力の絞り込みが必須で、どんな可能性もあるという状態は、何にも特化できていない状態でもあるのだ。できないことの数が増えるだけ、できることがより深くなる。

 

 

 

 

 

諦めるというネガティヴな言葉は、本当は前向きに捉えていいんだよ、と。

 

目的さえ見失わなければ、手段は変えてもいいんだよ、と。

 

周囲の期待に応えられなくてもいい、人間はみんな完璧ではないんだよ、と。

 

 

 

繰り返しになりますが

「人生っていいなぁ」

っていう、自分への許可みたいな気持ちが芽生える本です。

 

 

◇こんな人にオススメ

・特にやりたいことがない人

・周囲に流されやすい人

・将来が不安な人

 

 

以下、本書より抜粋です。

 

・何かを「やめる」ことは「選ぶ」こと、「決める」ことに近い。

 

・人間には変えられないことのほうが多い。だからこそ、変えられないままでも戦えるフィールドを探すことが重要なのだ。

 

・最高の戦略は努力が娯楽化することである。

 

・多くの日本人は、あまりにも人から選ばれようとしすぎてはいないか。人に受け入れてほしいと思いすぎてはいないか。

 

・自分が強みを持っている分野で、より競争の激しくないところで戦う。これが勝負の鉄則だ。

 

最後に、一番グッときた言葉を自分用メモとして。

 

「自分に向いている仕事をつくってしまおう」「自分が一番になれる仕事って、たとえば何だろう」

 

 

この答えを探すのが、今の楽しみです。

 

 

 

引用: 為末大『諦める力』

元ホテルマンが教える、最も大切な"おもてなし"の極意とは

数年前に、滝川クリステルが放った一言

 

" お も て な し "

 

に世界が震撼したのは、記憶に新しいと思います。

 

 

その後、そこかしこで日本のおもてなしの話を聞くようになりました。

ぼくは都内の高級ホテルで働いていたので、常におもてなしやホスピタリティというものと向き合ってきました。

 

当時のぼくにとっての最高のおもてなしは、お客様に"感動"を与えること。

 

サービス業であれば、どんなスタッフでもこの意識は少なからずあると思います。

 

満足では、物足りない。

感動・感激のサービスをするぞ、と。

 

 

 

何気ない会話の中から、どうゆう経緯でホテルの予約をとったのか?口には出さないけど、何か欲しているものはないか?

そうして手に入れた情報をまとめて、サプライズをするための準備をします。

 

 

 

f:id:shunya7011:20170920173050p:image

 

 

 

サプライズといっても規模は大きなものから小さなものまで様々で、時には大規模なバースデーサプライズをしたり。一方で乾燥している時期なら化粧水セットを用意したり、観光目的の方なら地図や路線図を印刷してお渡ししたり。

そうした小さなサプライズの方が圧倒的に多く、毎日のように行なっておりました。

 

 

 

 

 

 

でも最も大切なおもてなしとは、こうした感動・感激のサービスではないのです。

 

 

 

 

 

 

「サービス業にとって最も大切なことは、お客様を感動させることではない。必要な量のサービスを、必要な分だけ提供することである。」

 

 

最も尊敬する上司からの言葉です。

 

加えて、こうも言いました。

 

 

 

「全てのお客様が感動のサービスを求めて宿泊するわけではない。そっとして欲しいお客様だっているし、大げさなサービスを鬱陶しいと感じるお客様もいる。ホテルが求められているレベルのサービスを、いつでも提供できること。それがお客様に"安心感"を与える。それが一番大切なことなんだ」と。

 

言うまでもなく、感動のサービスは重要なことだけど、安心感を与えることができて初めて目指せる境地です。

 

 

 

当時のぼくと言えば、お客様に喜んでもらえるのが嬉しくて楽しくて、とにかく感動のサービスをバラまいてました。

鏡越しの、自分に向けてサービスをしていたんですね。

 

なので、上司からのあの言葉は刺さりましたね。

 

 

 

これって、何もサービス業に限ったことではなく友人関係とかにも当てはまりますよね。

 

かの有名な高城剛さんも、著書『白本』の中でこう語っています。

母親がスペインに遊びに来たときの話です。

 

良いアテンドとは、こちらが考えたコースではなく「やりたいことや行きたい所をすべて聞き、すべて叶える 」スタンスが大切だと思います 。また、「まかせる 」や 「どこでも 」のようなことを言い出す方も多いと思いますが、実際は何かやりたいこと、行きたい場所はあるけれど、なかなか言い出せなかったり、面倒くさいと考えたりしてますので、それを上手く聞き出すのが、良いアテンドのスタートになります。

相手の希望を「それとなく聞き出す」ことが、そして相手の想像を遥かに超えた楽しみを与えるのではなく、相手の想像よりプラスちょっと、に留めておくことがコツです。ー『白本』より

 

 

どうでしょうか

共通しているなぁ、と感じませんか?

 

自分なりの言葉でまとめると

 

 

「安心と興奮を同時に与えること」

 

 

が、人を喜ばせるポイントです。

そこにはサービス業とか友人関係とかの垣根はなく、きっと、どんな人にでも当てはめられる公式です。

 

経験上、割合としては9割の安心感と、1割のスパイスがちょうどいいです。

 

ちょうど、高城さんのいう

「相手の想像よりプラスちょっと」

と繋がりますよね。

 

 

皆さんもこの公式を使って、まずは側にいる人から幸せにしてみて下さい。