SHIINBLOG

ああ、南の島でのんびり暮らそう

〜キャリアを捨て、妻とオーストラリアで理想の暮らしを追求する〜

日本は夏ですね。ダイエットに成功するためのたった一つの真実を教えます。

こんにちは、Shunです。

 

 

先日、日本に一時帰国したのですが

 

とにかく暑かった!

 

あの特有のモワッとした感じ、蝉の鳴き声、好きなんですけどねぇ。。

 

こうも暑いと必然的に

肌の露出が増えるでしょうし

炎天下の中プールや海に行きたい人も多いと思います。

暑い中、冷たい水の中に入っていくあの感覚

気持ちいいですよね!!

 

 f:id:shunya7011:20170811212928j:image

 

しかし水着を着るとなると、気になるのは

 

"人から見られた時の自分のカラダ"

 

ですよね。

 

周りの人が思う以上に、自分のカラダは気になるものです。

 

無駄な肉はついていないか。

 

もっと痩せなくちゃ。

 

かっこいいカラダにしたい。

 

 

日本にはダイエット法はいくつもありますし、まるでファッションのように

ダイエットにも流行があります。

毎年のように、新ダイエット法が現れては消えていく。

 

 

人間の身体の構造は変わらないのに。

 

 

そこで、オーストラリアのフィットネスカレッジで学んだ

 

ダイエットを成功するためのたった一つの真実をお伝えします。

 

 

 

 

 

 それは

 

 

 

 

カロリー収支をマイナスにすること

 

です。

これに対しては異論はないと思います。

減量も増量も、基本原理は同じです。

お金と一緒です。

収入と支出のバランスを考えて

貯金したければ収入を増やし支出を減らす。

簡単ですよね。

 

人間の身体に置き換えると

 

痩せたければ

カロリー消費>カロリー摂取

 

増量したければ

カロリー摂取>カロリー消費

 

これだけです。

 

 

では、どうやってカロリーを消費したらいいか?

 

答えは運動ですね。

走ったり泳いだりしてもいいし

ジムで筋トレしてもいいです。

 

ただ、もうひとつ方法があります。

それはカロリー消費をはそのままで、カロリー摂取を控えるということ。

つまり、食事の総量を減らす、もしくはカロリーの低いものを選ぶことです。

 

 

何だよ当たり前のことじゃないか!

 

 

という声が聞こえてきそうですが、どうも多くの人が

 

"いかに楽に痩せるか"

 

に意識がいきすぎて、この基本を忘れてしまっている気がするのです。

 

そのため、テレビで流行りのダイエット法や、芸能人の成功事例に目を奪われてしまう。

 

飲むだけで痩せる、とか。

 

 

結果はどうでしょう?

 

 

成功する人もいるかもしれませんが、あまり変化がなく、お金だけ浪費する人も多いのではないでしょうか?

 

何よりサプリメントなどは"質"が問われるので

よくわからない原材料のものはオススメできません。

 

 

 

では、痩せるためには何キロカロリーを目標に摂取したらいいのでしょうか。

 

それを知るためには、一日にだいたい何キロカロリーを消費しているのか知る必要があります。

 

それには少し特殊な計算式を用いるのですが

年齢、性別、身長、体重、運動量などから導きます。

また次回ご紹介しますね。

 

 

とりあえず、今回覚えておいて欲しいことは

 

 

カロリー収支のバランス

 

 

これだけです。

流行に流されない、不変の法則です。

 

それでは、素敵な夏になりますように!